ワールドカップ2022 テーマソングはKing GnuのStardom

2022年11月21日~12月3日に開催されるFIFAワールドカップ、注目のNHKテーマソングが

King Gnuの新曲「Stardom」に決定しました。作詞作曲は常田大希さん。

過去、ワールドカップのNHKテーマソングはポルノグラフティ、ORANGE RANGE、Superfly、椎名林檎、Suchmosといったアーティストが起用されてきました。

日本で今最も勢いのあるバンドと言っても過言ではないKing Gnuがワールドカップをさらに盛り上げてくれること間違いないでしょう!

民放ではフジテレビ系のテーマソングに幾田りらの「JUMP」、

ABEMA・テレビ朝日 ではLiSAの「一斉ノ喝采」に決定。

King GnuのStardom 配信はいつ?

King Gnuの新曲「Stardom」のCD発売日や配信日はまだ決まっていません。

公表され次第、情報を更新します。

ちなみに「Stardom」のShort ver.がNHKの公式HPで聴くことができます。NHK公式HP

曲を聴いた感じでは、King Gnuらしいかっこよさがいいですね♪

分かりやすいアゲアゲの曲ではなく、選手達やそれを支える人たちのこれまでの努力や想いにスポットライトを当てたような、

沸々と湧き上がってくる感じが最高です。

前回大会のベルギー戦、終了間際のカウンターでやられた悔しさもよみがえってきます。

あのときは日本代表もすごかったし、ベルギー代表も本当にすごかった!(なんであの場面でスルーできるん、ルカク)

選手たちはめちゃくちゃかっこよかったし、私たちもパワーをもらいました。

あれから4年、選手個々の力は確実にレベルアップしてるはず。今回こそはベスト8の壁を越えてくれるはず。

いろんな人の想いをKing Gnuがこの1曲に託してくれている気がします。

ワールドカップ NHKの歴代テーマソング

2002年(日韓)・・・ポルノグラフティの「Mugen」、

2006年(ドイツ)・・・ORANGE RANGEの「チャンピオーネ」、

2010年(南アフリカ)・・・Superflyの「タマシイレボリューション」、

2014年(ブラジル)・・・椎名林檎の「NIPPON」、

2018年(ロシア)・・・Suchmosの「VOLT-AGE」